かぼちゃ(Kürbis)

ドイツで買える栗かぼちゃ

おいしいかぼちゃが出始めた。ドイツでも人気上昇中の黒皮栗かぼちゃ。毎年11月中旬には入手が難しくなるため、今せっせと買ってせっせと食べる。Grüner Hokkaidoあるいは、Sweet Mama、Delicaという種類がある。厳密にはGrüner HokkaidoのサブカテゴリーとしてSweet Mama、Delica、Hokkoriなどがあるらしいが、よくわからん。

時々売っている人自身も正式名称がわからないようだ。いろいろな種類のかぼちゃを大きな木箱にいれて売っていた某店で、2週間の間に3回同じ栗かぼちゃを買ったら、3回ともKg当たりの値段が全然違っていた。レシートをみると3回とも違う商品名が。それぞれ、「かぼちゃその他」(まあそうとも言える)3.99ユーロ/kg、「巨大かぼちゃ」(巨大というほどでもないけど、箱に入っていたものの中では大きい方かな)1.49ユーロ/kg、「Muskat」(CucurbitaMoschataで和訳では二ホンカボチャ。うーん、いいセンいってるけど、栗かぼちゃは二ホンカボチャの仲間じゃないんだって)2.99ユーロ/kg。本当の値段はいくらだろう。

皮も中身もオレンジ色のHokkaidoは、水分が多く甘さ控えめなので、煮物には不向き。パンプキンパイとかプリンやスープには使えるけれど、やっぱりホクホクで甘い栗かぼちゃがいい。

Delicaはイタリア産が多いのかな?イータリーかイタリアから仕入れてくる八百屋でよく見る。今までの経験では1勝4敗くらいで、ホクホクだが甘さがイマイチだ。仕方なくニョッキにしたら、甘すぎずおいしかった。

はずれがあまりないのは、Sweet Mama。最近はスーパーマーケットにもおいていて、ちゃんとSweet Mamaと名前シールが貼ってあるので間違いない。ヴィクトアリアンマルクトでも結構売っている。

オーガニックのスーパーマーケットチェーンBasicではGrüner Hokkaidoという名前で仕入れ注文する、とお店の人が教えてくれた。