アンズダケ(Pfifferlinge)とパン団子(Semmelknödel)

アンズダケPfifferlingeとパン団子Semmelknödel

アンズダケPfifferlingeをクリーム煮にし、パン団子Semmelknödelと一緒に食べる南ドイツ料理。ポルチーニ茸やマッシュルームでもできる。Semmelknödelは固くなったパンでつくる。

パン団子、レストランで食べると大抵まずい。ゼンメルクヌーデルというだけあって、固くなったゼンメルでつくるのだが、おいしいパンでつくるのがコツ。私は固くなってしまったおいしいバゲットを使う。で、少しバゲットの皮の食感が残るくらいが好き。玉ねぎをたっぷりのバターでいため、温めた牛乳に浸して柔らかくなったバゲットと卵、パセリのみじん切りを混ぜて丸め、沸騰したお湯にいれて火を止める。団子が浮き上がってきたら出来上がり。生地が柔らかすぎたら、パン粉を混ぜるとよい。