栗(Maronen)の渋皮煮

ミュンヘンで売っている栗はフランス産かイタリア産。イータリーでピエモンテ産の大きめの栗があったので、渋皮煮と栗の甘露煮、マロンペーストを作る。去年日本で買った栗の皮剝き、「新型くりくり坊主」が大活躍。

Continue reading “栗(Maronen)の渋皮煮”

ドイツで買うさつま芋

ジャジャジャジャーン!ついに見つけた、さつま芋。süßkartoffel(直訳=スイートポテト)という名前で売られている、中身がオレンジ色のシャリシャリさつま芋ではありません。ホクホクで日本のさつま芋に限りなく近い、ほんのり甘いさつま芋。原産国はイタリア。出所はミュンヘンのイータリー。商品名はやっぱりSüßkartoffel。

Continue reading “ドイツで買うさつま芋”

なす

一番よく見るドイツ産のものは皮が厚く、中身も固く、辛味がある。トルコかイタリア産の細めで長いものか、賀茂茄子に似た大きく丸いなすViolaなら身も柔らかく、甘みもありおいしい。追記‐最近買った細めで長い茄子はドイツ産のものと同じく固かった。あたりはずれがあるのか。漬物などにするといいのかもしれないが、とろけるような身のものはやっぱり丸いViola。 Continue reading “なす”