ミュンヘンで買うキアーナ牛(キアニーナ)のステーキ

ミュンヘンのイータリーで脂身の多い骨付きステーキ肉を発見。Costata Chianina (キアニーナ牛リブロース)一キロ49.90ユーロ。キアニーナ牛といえばイタリア一のブランド牛肉だが、私と番頭さんには脂身が足らないし肉が硬い、調理が悪かったのかレストランが悪かったのか、今迄で食べた正真正銘のキアニーナで感動するくらいおいしかったものは一度もないのだ。しかし目の前にあるステーキ肉は脂ものってなかなか旨そうである。

“ミュンヘンで買うキアーナ牛(キアニーナ)のステーキ” の続きを読む

おせち料理の仕切り

いつもお重の仕切りがなくて、汁気が流れ出して隣の料理に浸透するのに困っていた。ぴったり合うようなガラスの容器は見つからない。アルミホイルやクッキングペーパーを敷くとお弁当みたいで見た目が悪いし、普通のラップは柔らかすぎて底でくちゃくちゃになってしまう。が、今年はいいことを思いついた。

“おせち料理の仕切り” の続きを読む

梅わかめうどん

こってり、どっしり、たっぷりの食生活が続くクリスマスから年末にひと休み、の梅わかめうどん。ドイツでも12月は人が集まる機会が多く、外食やらおよばれやら人をお招きやらで、暴飲暴食になりがち。日本では二日酔いの時とか、病気で食欲がない時に食べたが、ドイツではクリスマスの後に絶対に食べたくなるもの。ここは材料にもこだわって作りたい。

“梅わかめうどん” の続きを読む

アンズダケ(Pfifferlinge)とパン団子(Semmelknödel)

アンズダケPfifferlingeをクリーム煮にし、パン団子Semmelknödelと一緒に食べる南ドイツ料理。ポルチーニ茸やマッシュルームでもできる。Semmelknödelは固くなったパンでつくる。

“アンズダケ(Pfifferlinge)とパン団子(Semmelknödel)” の続きを読む

アンズダケ(Pfifferlinge)とルッコラのサラダ

昨日セシウムのことを書いたばかりじゃないのか、と思われそうだが、いいの、私のことならご心配なく。ほら、週に250gってヘッセン州も言ってるし。

ルッコラの上に炒めたアンズダケをのせるだけで、りっぱな前菜に。

“アンズダケ(Pfifferlinge)とルッコラのサラダ” の続きを読む