自家製マロンペースト

栗剝き中に割れてしまった栗は、マロンペーストにする。生の栗はまず蒸す。蒸栗3:牛乳2:砂糖1の重量で鍋に入れ、バニラとラム酒を加え、弱火でさらに煮る。バーミキサーかフードプロセッサーでペースト状にする。この後裏ごしするので、粒が残っても大丈夫。裏ごしする。ここで裏ごししないと、粒がモンブラン用の口金に詰まったり、剝いたつもりだった渋皮がペーストに残ったりする。

“自家製マロンペースト” の続きを読む

栗(Maronen)の渋皮煮

ミュンヘンで売っている栗はフランス産かイタリア産。イータリーでピエモンテ産の大きめの栗があったので、渋皮煮と栗の甘露煮、マロンペーストを作る。去年日本で買った栗の皮剝き、「新型くりくり坊主」が大活躍。

“栗(Maronen)の渋皮煮” の続きを読む

野菜保存棚 その後

だんだん暑くなってきて、ベランダの野菜保存棚の温度があがってきた。今まで毛布を掛けていたけどそれでは追いつかないので、車の日よけシートを2枚買ってきてカバーを作った。これはすごい!外が熱い日でも、シートに覆われた棚は冷たい。

“野菜保存棚 その後” の続きを読む

ベランダ菜園

毎回少量しか使わないハーブなどをいちいち買うのは、高くつくし面倒。

パクチー、あさつき、パセリやバジリコはプラスチックの入れ物に入っているものを買ってきて、ひとまわり大きな植木鉢かプランターに移し替えればどんどん育っていく。

“ベランダ菜園” の続きを読む

野菜保存棚

ドイツのスーパーや市場では、メモを片手にさっさと目的のものをかごに入れ、素早く他の棚にも目をやり、足早に去っていく人たちが増えてきた。ダラダラと店の中を歩き回っているマヌケはたまにいるが若者だけだ。私たちも買い物に行く機会をなるべく減らすべく、買い置きできる野菜を買い込んでいる。

“野菜保存棚” の続きを読む