イータリー(Eataly) ミュンヘン店

イタリアはトリノ発祥の食料品店。イタリアの食材ならほとんどなんでもある。結構な勢いで世界中に進出しているようだ。東京にも3店あるらしい。ミュンヘン店はヴィクトアリアンマルクトの隣。住所は Viktualienmarkt 15, München。

Continue reading “イータリー(Eataly) ミュンヘン店”

ミュンヘンで買うベトナム産ヨモギ(Beifuß)

ミュンヘンのオストバーンホーフ(Ostbahnhof)の裏側がここ数年開発中で、スーパーやドラッグストアをはじめ、いろんな店がオープンしている。そんな中にアジア食材店がひとつできた。

Continue reading “ミュンヘンで買うベトナム産ヨモギ(Beifuß)”

ドイツの菊芋(Topinambur)

冬に時々食べているTopinamburという根菜が、実は日本で菊芋という名前で存在していることを最近初めて知った。天然のインシュリンといわれるイヌリンやらカリウムやらを多く含み、食物繊維が多く、おまけにデンプンをほとんど含まない菊芋は、なかなかのスーパーフードなんである。

Continue reading “ドイツの菊芋(Topinambur)”

ドイツ市販の乾燥よもぎ(Beifuß-Gewürz)

以前作ったヨモギ餅がもっと簡単にできないかと思い、スーパーで乾燥よもぎ(Beifuß-Gewürz)を買ってみた。夏に探した時には見つからなかったが、ガチョウの丸焼きに使うとあってクリスマスの頃には売っていた。(注:使わない人の方が多い。)

Continue reading “ドイツ市販の乾燥よもぎ(Beifuß-Gewürz)”

おせち料理の仕切り

いつもお重の仕切りがなくて、汁気が流れ出して隣の料理に浸透するのに困っていた。ぴったり合うようなガラスの容器は見つからない。アルミホイルやクッキングペーパーを敷くとお弁当みたいで見た目が悪いし、普通のラップは柔らかすぎて底でくちゃくちゃになってしまう。が、今年はいいことを思いついた。

Continue reading “おせち料理の仕切り”